うつ病の一種「双極性障害」の症状や原因を把握し改善へ一歩踏み出す

「躁」の症状も持つ

海辺で悩む人

うつ病とは違う

みなさんは「うつ病」というと、どのような症状をイメージするでしょうか。気分が落ち込んだり、あらゆるものに意欲が湧かなくなったり、「死にたい」と生きる気力を無くしてしまったり、という症状をイメージする人が多いでしょう。これらは、うつ病の症状で間違いないです。しかし、中にはこれに「躁(そう)」の症状が加わったうつ病が存在します。それは「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)」です。一般的なうつ病の症状に加え、気分が高ぶる、元気過ぎる状態になる、などといった躁の症状がプラスされます。

どんな病気なのか

双極性障害は、「うつ」と「躁」の両方の症状が見られる病気です。躁とは、気分が異常に高まったり、興奮することが多くなったり、時に怒りっぽくなったりする症状です。これらの症状が一週間以上続くと、躁状態である可能性が高く、仕事や人間関係に支障をきたしてしまうようなことがあると、躁状態と診断されます。

二種類に分けられる

双極性障害は、大きく二種類に分けることができます。ひとつは「双極1型障害」であり、もうひとつは「双極2型障害」です。双極1型障害は、躁とうつ、どちらの症状も重く、はっきりしているのが特徴です。双極2型障害は、双極1型障害に比べ、躁の症状が軽いのが特徴です。これらの種類により、治療法も異なるため、双極性障害に心当たりのある人は、まず自分がどの種類なのかを把握することが大切です。

双極性障害の症状の特徴

誰にでも、気分がハイになったり落ち込んだりといった感情の起伏の変化は経験があるものだと思います。双極性障害という病気の症状は、その感情の起伏がコントロールが効かない状態になった際に疑われる心の病です。 双極性障害という呼び方では馴染みがない人でも、躁うつ病という病名は聞いたことがあるでしょう。双極性障害はこの躁うつ病のことを指すもう一つの呼び方です。 双極性障害になってしまうと、躁の状態とうつの状態が極端な状態で現れます。躁の時は普段より行動が活発になったりおしゃべりがひどくなったりしますし、反対にうつの時は落ち込みが激しく口を利くのすら億劫になったりします。 このような極端な症状は時にひどく他人を傷つけたり、精神的に追い詰めたりといったことになり、人間関係に多大な影響を与えることもあります。そのため、この症状を発症してしまった患者は、社会的に孤立してしまうことがこれまでは多かったのです。

病気を理解し受け入れる体制づくり

双極性障害は現在では研究が進み、その症状に2種類のタイプがあることがわかってきました。双極性障害には躁状態の時とうつ状態の時があるといいましたが、さらに細かく調べていくと躁状態の時に普通の躁状態の時と軽い躁状態の時とがあるというのです。 医学的にも病名が付けられていて、普通の躁状態の時は双極性1型障害といい、軽い躁状態の時は双極性2型障害といいます。これまではひとくくりに双極性障害とされていたものが、さらに細かく分類することでより病気としてとらえやすくなり、治療もしやすくなっています。 今後はさらに病気についての研究が進み、もっと効果のある治療薬やカウンセリングの方法が開発されていくに違いありません。そのことが患者と家族の今後の希望と支えに繋がっていくのではないでしょうか。

具体的な症状

話を聞く看護師

双極性障害の具体的な症状をご紹介します。症状を事前に把握しておけば、双極性障害を発症した際、早期に対応することができ、症状を悪化させることなく改善していくことができます。

二つの種類

頭を抱える男性

双極性障害の二つの種類「双極1型障害」と「双極2型障害」について知りましょう。そうすることで、双極性障害をよりスムーズに改善することができ、快適な日常生活を送ることができます。

原因を知る

医師に相談する女性

双極性障害が発症してしまう原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。原因をしっかり解明して、再び同じ症状に悩まされることがないよう、生活習慣を見直しましょう。