うつ病の一種「双極性障害」の症状や原因を把握し改善へ一歩踏み出す

具体的な症状

話を聞く看護師

どんな症状か

「双極1型障害」、「双極2型障害」と二つの種類を持つ双極性障害を発症してしまうと、どのような症状に悩まされてしまうのでしょうか。ここでは、双極性障害がもたらす症状を躁状態とうつ状態にわけてご紹介します。

躁状態:双極1型障害

双極1型障害の躁状態は、動き回り続け、ひたすらしゃべり続けるのが特徴です。何事にも活発に取り組むことができますが、一つのことに集中することができないため、何一つ成功させることができません。また、「自分にはすごい能力がある」と勘違いし、失敗する可能性の高いことに手を出したり、無茶な行動を起こしたりすることもあります。このような症状を起こすことから、周囲の人間に迷惑をかけてしまうこともあります。

躁状態:双極2型障害

双極2型障害の躁状態は、双極1型障害よりも軽度であるため、周囲の人間に迷惑をかけることはあまりありません。普段より明るく、元気な性格になり、人との交流も積極的に行うようになります。躁状態に陥ると、自分の変化に気付くことができないため、軽度な躁状態の場合、周りの人間も気付くことができないことが多いです。

うつ状態

双極性障害を発症した人が『具合が悪い』と感じるのは、うつ状態であることを指します。うつ状態は大きく二つに分けることができ、それはうっとうしい気分が一日中続く「抑うつ気分」と、嬉しい気分を感じることができなくなる「興味・喜びの喪失」の二つです。双極性障害では、これら二つのうちの一つが症状として現れることが多く、ほかにも「食欲の衰退」や「自殺念慮」などが症状として現れます。

症状を知ることが大切

双極性障害の原因は、完全には解明されていないのが現状です。また、精神障害の中で最も自殺企図が多い疾患なので、症状を知ることが大切です。躁状態は気分は楽しい、やる気もあり新しいことを始めますが、すぐに気が変わってしまいます。うつ状態は憂うつで沈んだ気持ちになり、ほとんどのことに興味を失ってしまいます。また、自分のことを責めたりしてしまいます。躁状態からうつ状態に、またはうつ状態から躁状態に変わる時に混合状態が出ることもあります。 躁状態の時は、入院して薬で気持ちを穏やかにする必要があります。うつ状態の時には薬を飲みながら、できる限りストレスを与えないことが大切です。 双極性障害はコントロールできる病気なので、ほとんどの人が社会に復帰することができます。双極性障害は、薬や心理療法でコントロールし気分を改善させることができます。薬として多く用いられているのは、気分安定薬リチウムです。リチウムは腎臓や甲状腺の機能にも影響を与えるため、精神科医は定期的な血液検査などをおこなって慎重に処方します。 双極性障害に対する心理療法には、認知行動療法、心理教育、対人関係・社会リズム療法があります。認知行動療法は、否定的な考えを持っている患者さん自身の思考を肯定的な考え方に変えることで、ストレスになることなどを管理し新たな症状がおこった場合などの対処法を学びます。心理教育では、患者さんと御家族に気分の変化のサインなどについて良く理解してもらいます。対人関係・社会リズム療法は、睡眠・食事・運動など毎日のリズムを安定化させる方法について学習します。